考えた文章を咄嗟に英語で話す力が育つ

自らの意思で考えた言葉を、英語に変えて発言すると言う機会は案外少ないものです。仮に発言する機会があったとしても、それは言われた通りの文章を述べているだけであったり、テキストに書いてある文字をそのまま読む事が大半です。

 

オンライン英会話では、日常的な会話や事務的な会話においてまで英語で発言するのが基本ですから、自分で常に頭の中で英語の文章を考えて発言する事になります。

 

発言するだけであれば、他の勉強方法でも独学でも可能です。しかし、自然発生的に自分が意識的に英語の文章を考えるシーンは他の勉強ではほとんどありません。

 

独学で行うにしても、それを採点くれる人が傍にいなくては、本当にその言葉が英文として合っているのか確信が持てません。また、他の塾や学校で習う場合でも発言はしても、それは自分が作りだした文章と言う事は多くはありません。

 

創作や作文のような形で勉強をする事はあっても、それは一度紙に書いて考えて来たものを発表するような形が大半です。

 

ここでキーポイントとなるのは、今その場で質問を受けたりして思い起こした日本語を英語に変換すると言う能力です。創作の宿題が出来ても、その日その日で言われた質問に対して応えられる柔軟性を身に付けなくては、英語の能力は上達しません。

 

その場その場に合わせて、自分の頭で考えて発言をする能力が身に付きやすいのがオンライン英会話です。