講師がピンからキリまで存在するため信頼性が薄い

オンライン英会話の講師は、非常に幅広い層の人達が存在します。出身国が違ったり住んでいる場所も様々ですが、特に注意しておきたいのが指導方法や性格も全く異なると言う点です。

 

分かりやすい言い方をすれば、教師がピンからキリと言う部分が非常に強いのです。

 

学校は教員試験に受かったものしか指導出来ませんし、塾で指導するにも適性検査や面談が存在します。ところが、オンライン英会話ではそうした難しい試験や細かい面談等はほとんどありません。ですから、多少信頼性においては欠ける部分があります。

 

性格に特徴のある人もいるかもしれませんし、異文化の人のため、テンションや雰囲気に差があって付いていけなくなる可能性もあります。特に日本人は控えめで落ち着いた人が多いと言われますから、その性格のギャップで少し苦労する事があるかもしれません。

 

これを逆手に取れば、本場の人間とコミュニケーションをする勉強になるので、人によってはメリットと取る事も出来ます。しかし、そう簡単に行かない場合もあり、人によっては悩ましい問題にもなります。

 

この点を回避するには、先生の性格や特徴・経歴についてしっかりとプロフィールで前もって確認しておく事が大切です。そして、自分の性格に合っている先生を見つけて、自らアプローチをかけて行くようにしましょう。